スタッフブログ

クリスタル・レイクで会いましょう
令和2年11月13日(金))

こんばんは

鹿児島のジェイソン・ボーズこと坊主新留です。

毎週末恒例のセルフバリカンを終えたところですが、

ここのところ私の頭を見られたお客様が

「どうしたの?」とよく心配された様子で聞かれるのです。

誤解なきようこの場を借りて説明させていただきますが、

数ある男性の髪型のなかで、坊主こそがベスト・オブ・ベストである、

と私の中では結論づけております。


あれは私が学生の頃に観た映画がきっかけとなっております。

“トレインスポッティング”

90年代最高の青春映画と謳われた名作、この映画の主人公レントン(演:ユアン・マクレガー)が

いわゆるスウェードヘッドと呼ばれる坊主頭だったのです。

ダニー・ボイルのおしゃれな映像センスと破滅的な展開なのに、

メンソールのような清涼感を感じさせる展開に当時の私は完璧にヤラれてしまったのです。


そこから、元々ロックが好きだったこともありUKカルチャーに傾倒していきました。

その中で60〜70年代のイギリスで、主に労働者階級の若者の間で活発だった“スキンヘッズ”の

ファッションに心奪われ、ノンポリにも関わらず同じような格好をしておりました。


リーバイスの501にフレッドペリーのポロシャツか

ベン・シャーマンのトリコロールカラーのシャツをサスペンダーでタックイン。

靴はドクター・マーチンのチェリーレッド、8ホール。

当時は今みたいに店頭で売ってるところが鹿児島では少なく探し回ったものでした。

そして“スキンヘッズ”という名前の通り、頭を刈り上げ、

労働者階級であることを強調することで

消費文明の象徴となり階級社会の縦割りを壊そうとした“モッズ”との差別化を図った

強烈な反骨精神を表現していました。

その後フォークランド紛争等の社会情勢の不安から行き過ぎたナショナリズム、

ねじ曲がった階級意識が混ざり合い段々と過激派の様相を呈して、

今や上記のような格好をイギリスですると大変な目に遭うとか遭わないとか。。。



まとまりがなくなってきましたが、無理矢理まとめますと

寝癖の心配はないため朝の身支度も早く済ませられ、

以外とどんな服にも嵌まるといったところで、

新留的には坊主に対してネガティブなイメージを持っておらず

むしろ好き好んでこの頭にしてしまったわけです。

ただ上記の理由とは別の理由で、

日本もあまりいいイメージがないことはわかっております。

仕事を頑張って坊主頭のイメージアップに努め、

全てのボーザーの希望になれるよう行動していく所存です。





長い前振りはここまでにして、

先日久しぶりにお食事会に参加させていただきました。

業界の今後や他県の様子、香港映画などいろいろな話をしましたが

仕事への取り組み方に関してとても刺激を受けました。

なんの仕事でも言えるでしょうが、悔し泣きをするほど真剣に取り組んだ先に

人間的に一歩成長できるといった話を聞いたときに

悔し泣きをするほど一つの案件に執念を燃やすような仕事を

最近してなかったことに気づかされました。

そんなことを感じていたときに、前職の社長によく言われてた言葉

「これという物件を取りに行くときには、神頼みをするしかないほど打てる手段は打て」


忘れてたなあ

いろんな人と話をすると、その話からいろんなことに気づけますね。

せっかく思い出したので来週からまた頑張ろうと思った13日の金曜日でした。



チャオ

アシスト報知 11月
令和2年11月13日(金)

アシスト報知 10月
令和2年11月13日(金)

“イキったとっちゃん坊や”からの卒業
令和2年9月29日(日)


こんにちは

動き出したことでこのブログを2ヶ月も放置してたスタッフ新留です

先日 某メーカーの方からありがたいご指摘をいただきまして

改めて情報を発信する運びとなりました

ケッシテ ワスレテタ ワケデハ ナイデスヨ


先週の23日から鹿児島県の電子入札システムの新方式運用が開始されました。

私も前職でアップデートの罠にはまった経験のあるJavaからの脱却ということで

今後私のような被害者がでないことを切に願うばかりでございます

そしてこの2ヶ月訪問活動を主に行っていたスタッフ新留の髪型も

大幅アップデートが行われました


当社比95%の軽量化と流体力学に適った形状を実現したことで

すっきりとしたフォルムと機能性を両立させることに成功しました


1週間に1度のメンテナンスは必要となりますが

快適すぎてやめられそうにありません



今後とも(株)アシストプランの"イキったとっちゃん坊主”こと

IT坊主 新留をよろしくお願い申し上げます。




チャオ

目には目を 歯には歯を
令和2年7月19日(日)

こんばんは

やられたらやり返す 等倍返しだ

コロナウイルスの影響で放送が延期になっていた

「半沢直樹」が本日から放送されましたね


前作から7年振りの新作ですが

今回も面白くなりそうな展開ですね

さすがドラマのTBS



買収のスキームや演じてる役者さんの顔つきをみるに

今回のモデルはあの方のあの事件なのでしょうね


若者のテレビ離れが叫ばれ

私も普段はテレビを全く観ないのですが

面白そうなコンテンツがあると やはり観てしまいますね


私もお客様からおもしろい 付き合いたいと

思われるような仕事をしなければな と

考えさせられました


そんなドラマ「半沢直樹」

私は関係者でも何でもありませんが 是非ご期待ください


チャオ

この道を行けばどうなるものか
令和2年8月2日(日)


こんばんは

7月が終わりました

そして弊社の決算も無事に終えることができました

これもひとえにご愛顧くださるお客様のおかげと

ひしひしかんじております


そして明日からまた新たなスタートが始まります

まだアシストプランに身を寄せてから

何も貢献してないため

そろそろ動かないと社長からの視線が厳しくなりそうで

不安よな

スタッフ新留 動きます



チャオ

ホラーとギャグは紙一重
令和2年7月12日(日)

おはこんばんちわ

スタッフ新留です

ステイホームにもすっかり慣れ
専らNetflixを観るのが週末のルーティンになっております


今週はNetflixオリジナル制作で呪怨が配信されてましたので
一気に観てしまいました

それまでの基本的なプロットは押さえつつも
呪われた家が引き起こす怪異による恐怖ではなく
呪われた家の影響を受けた人間が引き起こす恐怖がメインという点で
初代ビデオ版に近いのですが 今回の作品はそれが特に強調されてるように感じました

実際に日本で起きた陰惨な事件をモチーフにしたであろうニュース映像
何よりそれまで作品のシンボル的役割を担ってきた
“伽椰子”と“トシオくん”的なキャラクターがあくまで脇役に徹してるところ
原点回帰をしつつ、人間の醜い部分を金属バットでフルスイングするような勢いで見せつけられました


ただ 怖いか と聞かれれば微妙な感じでしたね
これは近年のホラー系全般にいえますが悪い意味で画面がきれいすぎて
逆に安っぽくなってしまってるように個人的に感じてます

そんなスタッフ新留が観た中で怖かった映画は「ウィッカーマン」です


収拾がつかなくなりそうなので今回はこの辺で

チャオ